中高新校舎・体育館・グラウンド

中学校・高等学校体育館建設の進捗状況(2016年12月)

2016/12/26

2016年も終わろうとしています。工事は最終版で、八幡のグランド工事も仕上げ段階です。その他、広瀬校地の弓道場回りのグランド仕上げ、広瀬のグランド照明工事等、種々の細かい工事が進められています。

八幡校地のグランド工事(12月5日撮影)

体育館の解体作業も終わり、グランドはCCクレイという工法で仕上げの最中です。土ですが、埃がほとんど立たない利点があります。右手には、中島丁沿いに、防球ネット(8m)が見えますが、その外側と公道との間に桜の木を4本残すことができました。


八幡校地のグランド工事(12月13日撮影)

グランド工事は手前から奥(西側)へと進んでいます。校地の一番奥には駐輪場が並んでいますが、その前にも通行中の自転車にボールが当たらないようにフェンス(1.8m)が設置されています。グリーンフェンスは最後には取り払われて引渡しとなります。


広瀬校地の様子(12月13日撮影)

弓道場が、広瀬校地北側に完成し、すでに利用が始まっています。射場から的場を撮影していますが、右手には4mの、正面には6mの防矢ネットを設置し、安全を図っています。射場は団体戦を想定して、幅約10mを取りました。


広瀬校地の様子(12月13日撮影)

広瀬グランドでは、ソフトボール部と、テニス部が夜間練習もできるようにグランド照明器の取り付け作業中です。グランド全体を照らすためのものではありませんが、秋冬の夕方の練習には十分な明るさを確保しました。