中高新校舎・体育館・グラウンド

中学校・高等学校体育館建設の進捗状況(2016年8月)

2016/08/31

待望の新体育館および広瀬グランドの一部が完成しました。正式の引渡しを受け、引越し、そして関係者の皆様を向かえての竣工式を無事終了して、8月22日から生徒の利用が始まっています。なお、秋からは弓道場の工事も予定されています。
今後は、八幡校地の旧体育館の解体の工程に入ります。近隣の皆様や生徒にはまだまだ迷惑や不便をおかけすることも予想されますが、すべての完成を目指して工事は進行していきます。



体育館の全景 

広瀬キャンパスの全景です。体育館が完成し、ソフトボール場、テニスコートも完成し、残るは、校地北側に建つ弓道場のみです。以前は、広瀬校地に校舎があり、体育館は八幡校地にあったので、生徒の動線はまったく逆になりました。生徒にとっては、授業のたび横断歩道を渡ることになりますが、一方、活動の利便性は大きく高まっています。



 

 

体育館の構造断面 

体育館の構造を断面図で紹介します。一階が剣道場、2階がメインアリーナ、3階がサブアリーナという構造が良く分かると思います。なお、体育館の玄関は、正門入り口からスロープを上がって2階になります。

 

 

竣工式の案内看板

8月19日(金)、暑い日に竣工式を執り行いました。まだ計画途中のため、限られた方々による体育館の使い初めというところです。なお、正門は今までのものをそのまま生かして利用します。

 

 

竣工式の様子

サブアリーナでの礼拝の様子です。賛美歌、聖書朗読、理事長挨拶、工事説明というシンプルな形式で行ないました。何より参列した生徒が一番喜んだのではないでしょうか。