インフォメーション

創立125周年特別企画展「相馬亮展-reason of being-」のお知らせ

2017/07/03


この度、本学総合人間科学部子ども学科准教授である相馬 亮が歴史的価値のあるフランス・パリの第227回ル・サロン展において日本人として唯一銅賞を受賞しました。この受賞を記念して、創立125周年記念特別企画展「相馬亮展」を企画し、下記のとおり講演会および受賞作品も含む展示会を開催致します。

また、本学の日頃からの地域貢献に関する取り組みと現代アートを名取市民の方々に触れてもらえる機会をつくりたいという同氏の思いから、今回の受賞作品を名取市へ寄贈することとなりました。是非、モダンアート画家、また美術教育者として「美」と「教育」にかける同氏の作品をご覧ください。展示会開催期間中の23日には 『絵を描き続けるということ-画家・美術教育者として生きる』と題して、講演会を開催致しますのでこちらにも足をお運びください。
 

◎講演会 
『絵を描き続けるということ-画家・美術教育者として生きる』
   ・日時:9/23(土祝)14:0016:00(予定)
   ・場所:名取市文化会館小ホール

◎作品展示
『相馬亮 展 -reason of being-』
   ・日時:9/22(金)~24(日)10:0017:00(予定)
   ・場所:名取市文化会館展示ギャラリー

 

本件に関する問い合わせ先

●連絡先:尚絅学院大学 政策企画室(担当:伊丹)
住所:名取市ゆりが丘4-10-1 
℡022-381-3301

fax022-381-3325

e-mail:seisaku@shokei.ac.jp

『ル・サロン』会場の様子(グラン・パレ)

『ル・サロン』会場の様子(グラン・パレ)

受賞作品

受賞作品

関連データ