尚絅学院 同窓会 後援会 お問合せ
同窓会 後援会 インフォメーション 各種変更手続き
ホームページにもどる
後援会
会長挨拶
目的と沿革
入会の案内について
尚絅誌について
後援会
目的と沿革
目的

本会は尚絅学院の教育に賛同し、その向上に協力して尚絅学院の充実と発展に寄与するため、学院への援助と「尚絅」誌の発行を行うことを目的とする。

沿革
本会は、学校職員、父母教師会、同窓会が母体となり、1960(昭和35)年11月24日、
学院創立68周年に設立された。設立の趣旨は「学院の拡張15ヶ年計画」実現のための経済援助でした。その後、本会は約55年間に施設援助金として学院に対し約14億円の寄付を行い、中高南校舎増築、八幡体育館、短大名取移転、四年制大学開設、大学礼拝堂建設、中高新校舎建設などの教育環境の整備の一部にあてられ、現物寄与としては、幼稚園移転の際「滑り台の設置」、創立100周年に「広瀬校舎礼拝堂・パイプオルガン設置」、創立120周年に「大学礼拝堂・パイプオルガン設置」などの寄付を行なった。
又、学院の日々の歩みを知ってもらい、会員の認識の高まりを期待して、1961(昭和36)年5月に「尚絅」誌が創刊され、2015(平成27)年2月には500号となり、年間6冊発行を続け、学院の現状・取り組み・歴史など、各学校の具体的な動き、教職員エッセー、社会で活躍する同窓生の紹介、幼稚園から大学院までの動きや同窓会情報も充実し、学院と会員を確実に繋いでいる。