尚絅学院 同窓会 後援会 お問合せ
同窓会 後援会 インフォメーション 各種変更手続き
ホームページにもどる
後援会
会長挨拶
目的と沿革
入会の案内について
尚絅誌について
後援会
会長挨拶
後援会会長 近影

一つの体・多くの部分 (コリントⅠ・12章12節)

 

尚絅学院後援会
会長 高橋 脩

あなたがたはキリストの体であり、また、一人一人はその部分である(コリントⅠ・12章27節)

 主の御名を讃美致します。
 この度、尚絅学院後援会会長をお引き受け致しましたのは、この聖句が胸をよぎったからであります。実は、この聖句がありますコリントの信徒への手紙Ⅰ・12章に導かれまして、先日、母教会で信徒の証しをしたばかりでありまして、神様はその御言葉を尚絅でも生かしなさい、とおっしゃっているように感じたのであります。
会長というよりは尚絅という神様から賜りました大きな体のほんの一部分と致しまして、神様から私に与えられておりますタラントで後援会の役割に力を添えたい、と覚悟しているところであります。今後は、主と仰ぎます神様に命じられるまま、微力を尽くして参りたいと存じます。

 コリントⅠ・12章の中には「一つの部分が苦しめば、すべての部分が共に苦しみ、一つの部分が尊ばれれば、すべての部分が共に喜ぶのです」とも記されてあります。
尚絅という体の、全ての部分が共に喜ぶことが出来ますように、後援会という部分が今迄と同じように尊ばれますように、そして後援会という部分の中で会員の皆様、役員の皆様と共に苦しみ共に喜び合うことが出来ますように、そして尚絅の一部分として神様のみ旨に適った働きが出来ますように、日々祈りながら微力を尽くしたいと存じておりますので尚絅学院に関わりを持ちます多くの兄弟姉妹のご協力ご支援を心から願うものであります。

 コリントⅠ・12章の最後には「あなたがたは、もっと大きな賜物を受けるように熱心に努めなさい」とあります。その大きい賜物という恵みに出会えますように、心してこの大役と取り組んで参りたいと存じますので、重ねてご協力をお願い申し上げ挨拶と致します。