建設整備事業募金

120周年記念事業募金の御礼

学院創立120周年を記念して、大学礼拝堂の建設と、中学校・高等学校校舎建設事業を実施する目的で、2012年1月~2015年12月の期間で募金をお願いしたところ、延べ1478件(1392名、86団体)の応募があり、総額84,098,953円(2016年3月23日時点)を集めることができました。募金にご協力いただいた方々に厚く御礼申し上げます。既に御案内のように、大学礼拝堂は2012年11月の献堂式以降、大学キリスト教教育の中核的空間として活発に利用されており、八幡地区に完成した中高新校舎では2015年8月から生徒達は躍動して、勉学に励んでいます。学生・生徒達の教育環境を飛躍的に改善したこれら二つの建設事業を遂行できたことは学院にとって大きな恵みであり、感謝に堪えません。

今後、募金にご協力いただいた方々へ個別に御礼申し上げる方法を検討させていただきますが、まずはホームページを使って募金事業のご報告と御礼を述べさせて頂きます。最後に、生徒・学生への給付奨学金の充実など、これからの学院の教育活動をより高める目的で、経常的に寄附金を募ることにしたいと考えていますが、皆様のご支援を引き続きお願いするものです。

2016年3月24日

建設整備事業募金 募金委員長
学校法人尚絅学院 理事長 佐々木 公明

ページの先頭へ

建設整備事業募金の概要 
※本事業は2016年12月で終了しました

大学 礼拝堂 建設

本学院の建学の精神 及び 大学の教育目標を発信していく建物として、またキリスト教を学ぶ教育の拠点となっています。

礼拝堂外観
礼拝堂
所在
名取市ゆりが丘四丁目10番1号
建設規模
鉄筋コンクリート造(地上1階 地下1階建)
延べ床面積669.97m2
座席数350席(最大450席)
設備
パイプオルガン(25ストップ)
利用者
学生・教職員・同窓生の他、地域住民の方にも開放いたします
総事業費
3億5千万円(内5千万円を募金目標といたします)

中学校・高等学校 校舎 建設

創立120周年を迎えるキリスト教の学校として、建学の精神を醸し、地域に根差しながら質の高い教育活動が実践できるような落ち着きと品格のある校舎とします。

中学校・高等学校校舎イメージ図

中学校・高等学校校舎イメージ図

所在
仙台市青葉区広瀬町9番1号および
仙台市青葉区八幡一丁目9-15, 17
建設規模
校舎棟: 合計延床面積 11,150m2
階段 地上5階 (22.85m)
体育館棟: 合計延床面積 2,350m2
階段 地上2階 (18.00m)
総事業費
約3,980,000,000円
(内150,000,000円を募金目標といたします)
工事計画
2015(平成27)年 校舎竣工
2016(平成28)年 体育館竣工

中学校・高等学校 新校舎建設最新情報

ページの先頭へ

募金要項

募金事業と総事業費

募金事業(総事業費 43億3千万円)

  1. 大学 礼拝堂 建設 3億5千万円
  2. 中学校・高等学校 校舎 建設 39億8千万円

募金目標額

2億円(大学礼拝堂建設5千万円、中学校・高等学校校舎建設1億5千万円)

※ご寄付は任意で、金額の多寡に関らず感謝してお受けいたします。

募金の期間

2012年1月15日(日)~2015年12月31日(木)

寄付の方法

お振り込み

振込(払込)用紙を準備しております。必要な事項をご記入の上、下記の銀行をご利用ください。振込手数料は必要ございません(受取人負担)。なお、募金の際には募金内容 (1)大学礼拝堂建設 (2)中学校・高等学校校舎建設をそれぞれ指定することができます。

[口座名]学校法人尚絅学院募金事務室 ゆうちょ銀行(郵便局)[口座番号]02220-8-43433
七十七銀行 長町支店[口座番号]普通預金 5744105

※なお、「振替払込請求書兼受領書(振込金(兼手数料)受領書)」をもって本学院の領収書に代えさせていただきますので大切に保管してください。

寄付金の免税措置

本学院は「特定公益増進法人」の証明を文部科学大臣より受けており、お振込みの後に「特定公益増進法人証明書(写)」をお送りいたしますので、「振替払込請求書兼受領書(振込金(兼手数料)受領書)」を添付して、確定申告していただくことで免税措置が受けられます。

(1) 個人ご寄付の場合
2,000円を越える場合、年間の所得の40%を限度に所得控除されます。
※寄付金控除額(特定寄付金の額、所得金額の40%)のいずれか少ない金額-2,000円
所得税の寄付金控除の目安表 (PDF:326KB)
(2) 法人ご寄付の場合
一般の損金算入限度額と同額まで別枠で損金の額に算入されます。

損金算入限度額

[個人情報の取扱い] 募金活動で得られた情報は、第三者への提供や、本学院の募金事業以外の目的で使用する事はいたしません。

遺贈による寄付の受け入れについて

遺贈とは
「遺贈」とは、遺言により、ご自身の遺す財産の全部または一部を相続人以外の指定の個人や団体に無償で譲与することをいいます。 受取人として尚絅学院を指定することにより、本学院の教育研究活動のより一層の充実発展、次代を担う人材育成のために、ご遺産を役立てることができます。
遺贈をご希望の方へ
ご遺産の遺贈をご希望の方は、本学院・募金事務室(Tel: 022-381-3471)までご連絡ください。諸手続きにつきましては、提携の信託銀行が遺言書の作成から遺言執行までの一切を代行させていただきます。
相続税について
ご寄付いただいた財産については相続税はかかりません。
相続税申告期間内にご寄付いただければ、本学発行の寄付金受領書を申告時、税務署に提出されることで相続税は免除されます。

ページの先頭へ

募金委員会委員

募金委員長 理事長 佐々木 公明
副委員長 常務理事 佐藤 政夫
募金常任委員
  • 学院長 佐々木 公明
  • 校長 山村 悦夫
  • 宗教主任 小林 孝男
  • 常務理事 佐藤 政夫
  • 幼稚園長 岩倉 政城
  • 同窓会長 菊地 和子
  • 学長 合田 隆史
  • 事務局長 佐藤 正人
  • 後援会長 高橋 脩
募金委員
  • 尚学会長 鈴木 顯
  • 同窓会副会長 小島 典子
  • 中学・高校教頭 斎藤 公夫
  • 大学事務部長 佐々木 寿徳
  • 人間心理学科長 太田 健児
  • 生活環境学科長 桂 重樹
  • 中学・高校PTA会長 竹内 朋子
  • 大学副学長 水田 惠三
  • 中学・高校教頭 佐藤 信義
  • 中学・高校事務長 菊池 雅人
  • 子ども学科長 矢間 環
  • 健康栄養学科長 布木 和夫
  • 同窓会副会長 篠田 芳美
  • 大学副学長 黄 梅英
  • 中学・高校総務部主任 佐藤 智子
  • 表現文化学科長 秋月 高太郎
  • 現代社会学科長 高橋 真

ページの先頭へ

建設整備事業募金報告

募金実額:1,478件 84,098,953円(2016年3月23日現在)

1. 寄付区分別内訳(人数・金額)

同窓生 468名 9,293,937円
在校生父母 大学 328名 3,883,000円
高校 248名 3,188,000円
中学 27名 525,000円
幼稚園 10名 151,000円
教会 21教会 1,015,670円
企業 62社 13,140,000円
一般・学友 12名 647,586円
旧役員・旧教職員 126名 16,699,000円
役員・
教職員・
非常勤講師
理事・評議員 30名 10,250,000円
大学教職員 84名 9,136,000円
中高教職員 39名 2,495,000円
幼稚園教職員 6名 363,000円
経営管理部職員 15名 1,035,000円
同窓会 10,276,760円
尚学会 2,000,000円

2. 寄付事業内訳(応募申込件数・金額)

大学礼拝堂 493件 27,205,975円
中高校舎 431件 17,364,962円
指定なし 721件 39,533,016円

寄付者ご芳名(2016年10月27日現在) (PDF:241KB)

ページの先頭へ

お問い合わせ

経営管理部 募金事務室
〒981-1295 宮城県名取市ゆりが丘四丁目10番1号
Tel:022-381-3471/Fax:022-381-3335
※窓口取扱時間 月〜金 9:00〜17:00
E-mail:bokin@shokei.ac.jp