女性活躍推進法に基づく行動計画

学校法人尚絅学院は、雇用する女性労働者が能力を十分に発揮し、その活躍に見合ったキャリア形成が行えるしくみと労働環境を整えるため、次のように行動計画を策定する。

1. 計画期間

  • 第1期 平成28年(2016年)4月1日~平成32年(2020年)3月31日 (4年間)
  • 第2期 平成32年(2020年)4月1日~平成35年(2023年)3月31日 (3年間)
  • 第3期 平成35年(2023年)4月1日~平成38年(2026年)3月31日 (3年間)

2. 課題

本学院は、全体的な採用女性の割合は基準値以上であり、男女の平均勤続年数にも大きな差異は無い。しかし、課長級以上の管理職に占める女性の割合が低い。

労働環境のうち時間外労働について、月平均時間をみれば基準値以下であるが、実数値は部署、個人で偏りがみられる。

3. 定量的目標

  • 女性職員の管理職に占める割合25%以上を目指す。
  • 事務職員の時間外労働時間を月平均12時間以内とする。

4. 取組内容と実施時期

【第1期】現状把握と改善への基盤づくり

  1. 新しい目標管理制度を導入し、キャリア形成、評価制度に連動させていく。
  2. 管理職位者および主査以上の職位者を対象にしたキャリア形成研修を行う。
  3. 時間外労働の削減をするために実態調査を行い、対策(ノー残業デー等)を講じる。
  4. 公正な労働環境のために全教職員を対象としたハラスメント研修を行う。

【第2期】第1期のふり返りとステップアップ

第1期を終え、新たな課題、継続事項等を検証し、実施する。

【第3期】第2期のふり返りとステップアップ、取組みの継続

最終期として、女性の活躍と働きやすい労働環境が、これ以降も継続できるよう検証を続ける。

*第2期取組計画は第1期中、第3期の取組計画は第2期中に公表する